雑記ブログの時間ですよ

ブログ更新しました。

日記を書きました。いろいろな角度から、裏返しに書いていました。

日記を書きました。いろいろな角度から、裏返しに書いていました。私は音楽、特に映画のためにたくさんの仕事をしました。また、お笑いを書いていたら、もっと時間がありました。私がテレビ番組のためにやっていたたくさんのコメディーの執筆。私は覚えているすべてのジョークを書き、彼らのためにいくつかのことをしました。私はそれらを見始めたばかりで、ある夜それらをしたことを覚えています、そして私はちょうど同じジョークを何度も聞くのにうんざりしているようでした。ちょっと悪いコメディのようでした。それは私がやりたかったことではありませんでした。ちょっとうんざりしていました。それが私の大きな進歩でした。


○○に来る前のあなたの夢の仕事は何でしたか?

ああ、私が始めたとき、私はすでに成功したテレビ作家でした。私は○○の初期にはすでに成功したテレビ作家でした。私はそれをテレビ番組のセットでも得たと思います。


しかし、あなたの願いは何ですか、それともあなたの夢の仕事は何でしたか?


私は作家になることに本当に興味がありました。私はスタンドアップパフォーマーになりたくありませんでした。私はスタンドアップライターになりたかった。それが私の夢であり、○○に来る前の私の夢の1つでした。その時は気づかなかった。しかし、○○に来たとき、私はスタンダップコメディをやっている全国のツアーに参加していて、私が行ったショーのためにそのことを書きました。だから私は実際にテレビでやったことでかなり成功しました。私のテレビ番組は本当に、本当に良かったし、私のキャリアの中で本当に、本当に幸せでした。


そのように作家になることに興味がありましたか?


私は作家になることに興味がありましたが、○○に初めて来たときは、スタンドアップパフォーマーになることに本当に興味がありました。私は自分をスタンドアップライターのように呼び、それから別のショーに書くようになり、それからスタンドアッププロデューサーになりました。私はそれらの仕事に就いていないので、私はスタンドアップライターに戻って、いつか何かに取り組むだろうと思っていましたが、他の分野では離陸していないことに気づきました。だから専攻を変えることにしたのですが、そうする必要があるとは思っていませんでした。


その時のあなたの夢の仕事はありましたか?


入った瞬間に気づきました。私は作家でした。私はただ作家になるために大学に行きたかったので、興味があるかもしれない他の作家を助けることができました。ですから、そのような仕事に就いたら、スタンドアップライターになることは決してありませんでした。私はいつもテレビのために書くつもりでした。私はスタンダップコメディ作家になるつもりでした。でも、これが私の夢の仕事でした。まるで、お笑いタレントにはなれなかったので、作家になりたかったのでテレビに書くことができました。


あなたが○○ショーに雇われたとき、あなたはあなたの夢の仕事ではなかった仕事をしましたか?


私はその仕事をすることができたかもしれませんが、何が起こるのか本当にわかりませんでした。ある意味で、私はすべてをやろうとしているように感じました。いくつかの点であなたはあなたが好きなことを知っています、私はあなたが何回のエピソードをしているのか分かりませんが、私はただテレビに出演したいだけです。コメディセントラルになるかもしれませんし、それは私にとって本当に興味深いものでしたが、今でも私はただぶらぶらしているようなものです。私はその特定の分野にはあまり興味がありません。何よりも、本物になりたいと思っていました。それはおそらく私の父が受け継いだものでした。彼はミュージシャンとして成功していて、ニューヨークに住んでいたようなものでした。彼は一種の大スターであり、巨大なミュージシャンでした。彼はかっこいい男で、かなりまともな見た目です。彼は物事の音楽面に夢中だった。彼は、あなたが大スターのとき、本当にミュージシャンになりたいという理想を持っていたと思います。それは、彼の人生が向かっていると感じたようなものでした。

あなたが達成したかったその理想についてはどうでしたか?それは起こるのでしょうか、それともコメディーをやりたいといつも言っていましたか?


多くの人がコメディはセカンドキャリアのようなものだと感じていると思いますが、それは本当に違うので、私は本当にやりたかったのです。決まった番号も決まった計画もありません。あなたは必ずしも本によって物事をする必要はありません、そして決まった執筆プロセスはありません。何かをしようとしているときのための設定されたスクリプトがないようなもので、それは本当に楽しいです、そしてあなたは言うことができるようなものです、これは何かに対する私の最初の見解です。