雑記ブログの時間ですよ

ブログ更新しました。

日記を書きました。これが落ちました。

日記を書きました。これが落ちました。少しラフですが、そのように機能します。つまり、誰かがそれを読みたくないのなら、彼らは行っていただろう」と語った。

「それは日記ですよね?それは何ですか、そしてそれはすべてどのように書き出されますか?それについて心配しないでください。誰が日記を読みたくないのですか?あなたは前にそれを読んだはずです、覚えていますか?」

「はい、あります。しばらく頭の中にありました。キッチンのベッドの上にあり、書かれていません。見た目は違います。誰が日記を読みたくないのですか?」

「それを作ってみませんか?」

「いいえ、私は疲れています。私たちは寝なければなりませんでした。」

「行ってみませんか?気になりません。どのように書かれていますか?それともただの混乱ですか?」

「いいえ、それはある種のノートから書かれており、日記さえもありません。それは母音のない奇妙な言語で書かれています。それは他のものとは異なります。それは奇妙なことではありません、気に留めてください。あなたはそれを作ってみませんか?さあ、始める必要があります。」


日が昇る前に日記を読もうとして7時に起きた時間だった。私はそれを読みました、ほとんど速すぎます。最初は集中するのに苦労し、ほんの数分でしたが、その後ペースが速くなったので、私もそうしました。それから私はもっと注意深く読み始めました。読んでいくうちに、文章に言葉を入れることができないような気がしました。


固執するような文章を得るのにとても時間がかかりました。それから私はそれをしました、正確には正しくありません、しかし私はそれをしました。それから私はそれを理解するために文章をまとめようとしました、そしてそれから私はそれをより注意深くそしてより集中してもう一度やりました。日が長くなるほど、読む量が増えたので、目で覚えられるすべての単語を、細部に至るまで、ますます多くの本を使い始めました。そして、ついに、私は一線を画した。


私はそれを書き始めました。今では、すべてを一度に読むには長すぎます。しかし、それは問題ではありません。あちこちで小さな行を読みます。少しスペースを与えます。それは私の頭の中にあるでしょう。


私がそれを見逃したかどうか、私が間違って書いたもの、または私が間違って読んだものは関係ありません。重要なのは、私が何かを書き、それがそこにあったということです。これは私が持っているものです。

文章を書きました。文章を書くのにとても時間がかかり、たった1分でした。ほんの少しの線、そして私はそれを持っていました。

そしてそうだった、これはラインがどのようであったかでした。そして、私は別の小さな文章を書きました。言葉はありません、ほんの少し余分な意味があります。そうだったので、私はその行を何度も繰り返しました。


それから私は言葉を書き始めました。それぞれが最後と同じくらい完璧でした。そして、しばらくすると手も疲れて止まりました。結局、私はたくさん書いた。使い続けました。いい文章を書いていると思いました。結局、それはただの言葉でした。それは小さな一枚の紙で、私が書き留めたとおり、それはただの言葉でした。これが私が書きたい方法です。


私は言葉を書き留めて、それから私はそれをすべてひっくり返しました。今からやり直します。次回その単語またはそのフレーズを使用するときは、それをすべて好転させる必要があります。あなたはそれをすべてひっくり返す必要があるでしょう、そして私は言葉が最初からやり直されるべきだと思います。これは私がそれが行くことになっていた方法です。それは本当に重要でした。これが私が望んでいた方法でした。これが私がそれをどのように見せたかったかです。これは私がしなければならなかったことです。そして、私の手はそれを取ることができませんでした。疲れていました。 「さて、私が何をしても...これが私がしなければならないことです」のようなものでした。


それが私が欲しかった方法です。それが私がそれを書いた方法です。そして、私は最初からやり直しました。そして、次にコーダと呼ばれるものの最初のバージョンを読んで、それが私によって書かれたとき、私はちょうどその全体の最初から始めました、そこで私はすべての単語を言い、行を通り抜け始めました。ストーリーと文章は本当にシンプルでした。 「さて、これはどこで手に入れたの?」というだけでした。しかし、ある意味、物語はその考えの比喩でした。小説を書くというこの考え。


[笑い]それで、コーダの背後にある全体的なコンセプトは、私が自分の小説をどのように書いたかということでしたか?


言えません。私に聞いてください。しかし、私があなたに言うことができるのは、これが私が書いた方法であるということです。私は私がしたすべてのこのたわごとを持っていました。