雑記ブログの時間ですよ

ブログ更新しました。

日記を書きました。私は自分のルーチンに慣れました。

日記を書きました。

私は自分のルーチンに慣れました。いつも集中するのは大変でした。だから、日記を書いていて、先月の詳細、つまり私の人生について考えていたところまで、リラックスすることができました。

それで、「それが私のキャリアのためにやっていることだ」と思いました。そして、私は自分がそれをしていることに気づきました。

そのすべての一部になるために、私はそれを信じなければなりませんでした。そしてそれを理解するには、それを信じなければなりません。それで、私は自分の人生を真剣に受け止めていることに気づきました。ノーとは言えませんでした。私はそれをしなければ書くことができませんでした。

私はそれを信じました。私は人々がそれをどのように信じているかを見ました。私はヒーローでした。私たちはお互いの世話をしなければなりませんでした。私たちは戦わなければなりませんでした。しかし、私はまだ自分を信じていたので、あきらめることができませんでした。

大変でした。何をすべきか、何を書くべきかわからなかった。方向性がなかったから。

それからある日、まるで魔法のように、私は電話をしました。そしてそれはジョージでした。

彼はそこにいました。彼は言った:あなたは一緒に来る準備ができています。「はい」。まあ、私は準備ができていました。私は自分自身、私の家族、そして私が紙に書き留めたものについてあまり書きませんでした。しかし、私は得ることができませんでした私はまだ自分の人生について考えていたので、準備ができていたので、準備ができていなければなりませんでした。

私は他のすべての考えを何週間も脇に置きました-そして私は準備のために私の執筆室に入りました。そして、執筆室に入るとすぐに、「今何をしているの?」と自分に言い聞かせました。そして私は書き始めました。そして、私は準備ができていませんでした。私はまだそれを理解していなかったので。私はまだ考えていました。何を書けばいいのかわからない。私は何の会話もしていませんでした。だから私は書き留める言葉を見つけなければなりませんでした。そして、私はそれらが何であるかを知りませんでした。そして、私は起きて書くべきかどうかわかりませんでした。そして、私は何をすべきですか?

そして最後に、私は自分の論文を見るのに少し時間がかかりました。そして初めて、ここにいる必要があります。そこにいる必要があります。これが私がしなければならないことだからです。これが私がしなければならないことです。それが私が持っているすべてです。

そして、何が起こるかについて明確な考えを自分自身に与えたので、私は幸せを感じました。それで私は書き始めました。そして、それは止まりました。私が書いた。しかし、私は同じように書いていませんでした。私は少しためらいとためらいを持って書いた。留まるのか行くのかわからなかったから。

そして、私は私がとどまるか行くかを知りませんでした。それから私は幸せを感じ、そして私は充実感を感じました。私の心は本当に行きたかったからです。それは本当に私と一緒にいたくありませんでした。でも続けたかったので、ある程度の存在感を出すことができました。そして、何分も経って感じた存在感は、すべてが私を襲うことになるので、私が必要としていたものでした。

「あなたがあなたに通じるときにそれが痛いなら」ということわざがあります。そして、私はそれが真実であることを知っていました。心が痛い。しかし、私は感じませんでした。痛くないように感じました。感じませんでした。そして今、私は紙の言葉を通して、私が痛みと必要性を感じるべきであることを知っています。私はそれが欲しいはずです。しかし、私は感じたくありませんでした。それで私は書き始めました。そして、その間ずっと私の心はさまよい続け、この緊張感がありました。緊張感ではありませんが、あるべきではない緊張感のようなものです。私が理解すべきだった緊張。そして、私は問題を理解しました。そして私はこう書いています:「私はこれが真実であることを知っています。私はこれが真実であることを知っています。私は感じるべきです。私はこれを感じたいはずです。私はこれが真実であることを知っているべきです。」そして、私の心は「ああ、でもこれだけではない」という感じでした。

私はこれとしばらく一緒に住んでいます。そして、私が覚えている方法は、「ああ、でもあなたに連絡する別の方法がある」ということでした。その瞬間を覚えています。「ああ、でもあなたに連絡する別の方法があります。」そしてその後の約6か月間、私は私に到達するための別の方法を見たことがないと思います。そして、ここにいます。さて、自分自身について発言する前に、時間をかけて実際にすべてを解決し、問題が何であるかなどを理解する必要があります。そして、ここですべてが進んでいます。