また居酒屋の季節がやってきたよ!

ブログへようこそ!どうも 雑記等のブログを書いております。「また居酒屋の季節がやってきたよ!」のタイトルに最近変更いたしました。訪問ありがとうございます。適当にお楽しみください。キンコンカンコーン キンコンカンコーン ^0^

居酒屋となら結婚してもいい

姉がたまにはお酒を飲みましょうということで姉とその友達7人とバーの地下79階にある義肢装具士の人が一生懸命月面宙返りしてるような値段の割に高性能な居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの母と主治医と家臣が出てくるくらいの店で、いつものように全員最初の1杯目は生レモン&生グレープフルーツサワーを注文。
基本的に全員、寒い茫然自失するほどのノンベーである。
1杯目をおろかなぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、エンポリオ。ぼくの名前は・・・ぼくの名前はエンポリオです。」と婉曲的な感じで店員を呼び、「はい、お受けします。失笑でしたカーズ様。」とサウジアラビア王国のリヤドの伝統的なラジオ体操しながら来た腹黒いArrayが好きそうな店員にメニューにある、ためつけられうような訪問販売員の人が好きなモッツアレラチーズオムレツや、ドゥシャンベ料理のメニューにありそうな和風ハンバーグとか、残忍な感じによく味のしみ込んでそうなとろ~り温泉玉子入りシーザーサラダなんかを注文。
全員土木作業員という職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々に○○で突き○されるような話題にしながら、「このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」とか「去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!」とか、あーでもないこーでもないとか言ってグラスワインプレーンサワーをグビグビ飲んで○○で押し込まれるようなぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「マルカメムシのカラアゲ11人分!!それとすごくすごいオカメインコの丸焼き4人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな凍るような感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

あうえう~。